2005年10月25日

真夜中の弥次さん喜多さん(2005)宮藤官九郎監督

 何気なくこの映画を見たら、すげーおもしれーの!!!

 やはり全体的には劇画的な雰囲気があるし、舞台的な要素もアル。というよりは舞台みたいなものだけど、圧倒的なスピードダッシュ(走り出すさま)感や、各種芸能人がかなり多数出演しているし、色使いも従来の「歴史もの」とは一線を画すつくりになっている。
 
 長瀬智也と中村七之助の共演も珍しいが、その関係もホモセクシュアル揺れるハートの関係というのも面白い。エンターテイメント性が非常に高いグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)、はらかかえて笑える映画ですな。

 非常に日本的な映画です。結構お気に入りの映画になった!!

 genjin


真夜中の弥次さん喜多さん DTS スペシャル・エディション(初回限定生産 おいらとおめぇの弁当箱版)
角川エンタテインメント (2005/10/07)
売り上げランキング: 120
おすすめ度の平均: 4.53
5 最高!!
5 楽しい面白い
5 うわぁ、すげぇ……

posted by 原人(北京産) at 16:57| Comment(33) | TrackBack(1) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

フー!つかれた〜。

今日は宅建のお勉強をずっとやってました〜、頭疲れた。

やっぱ大学時代に(といってもまだ大学生だけど)法律関係の授業取っとけば良かった。まあ実際は、うちの大学はほとんど法律関係は〜没有(無い)〜状態だけども・・・。

いや〜。権利関係よりも都市計画法やら宅造法(宅地造成法)やら開発許可やらのほうがわからん・・・

考古学やりすぎたかな〜。留学も一年間してたけどそれもかなあ〜。

考古学ならいくらでも喋れるけど、(旧石器ならね)ぜんぜん違う分野の法律や社会上の知識なんかは明らかに少ないんだよなあ。困る。

まあ、宅建試験まであと2週間だ。気合入れてがんばるか!

genjin
posted by 原人(北京産) at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。